英語初心者向け

【英語の文法は難しくない】海外で学んだネイティブの超簡単な英会話

2020-10-03

【英語の文法は難しくない】海外で学んだネイティブの超簡単な英会話

ひつじ
英語が難しくてなかなか話せるようになれない
かえる
文法が覚えられない

このような悩みに答えます。

 

こんにちは、シンヤです。

僕はワーホリと世界一周で5年間海外生活をして、様々な英語学習法を試して英語が話せるようになりました。

 

でも、海外に行く前は英語が難しいと感じて悩んでいたのですが、その原因は完璧な英語を話そうとしていたからです。

海外に行くと、英語が完璧じゃなくても堂々と話している人はたくさんいるし、ネイティブスピーカーも正しい文法を使っていません。

その、ネイティブが使っている砕けた英語を真似すれば、初心者でも簡単に英会話ができるようになるので、今回はその方法をお伝えします。

 

英語初心者が簡単に英会話できない2つの原因

英会話に慣れていない英語初心者がスムーズに英語を話せない原因はこの2つです。

・正しい文法や英単語を知らない
・頭の中で英文を作るのに時間がかかる

こうなると、頭の中で英文を作る時間が増えて、英語が話せません。

だから、英語をスムーズに話すにはいかに英文を作る時間を減らすかが重要になります。

 

英会話初心者がペラペラ話す方法は、間違った英語を話すこと

あまり英語に慣れていない英語初心者が、英会話でペラペラ話す方法は、間違った英語を話すことです。

間違えてもいいからとにかく英語を話すことを意識すれば、頭の中で英文を作る時間を減らせるので、口から自然と英語が出てペラペラ話せるようになります。

また、間違いを恐れずにどんどんチャレンジする人は、英会話をする機会が増えるからすぐに英語が上達します。

 

実際に僕は、ワーホリでオーストラリアに行った頃はうまく英会話ができず、外国人と会話するのに躊躇していましたが、

「変な英語でもいいから、とにかく話してみよう!」

と思って積極的に外国人に話しかけていると、かなり英会話力が付きました。

だから、英会話力が上達するには間違った英語を話すことが大切です。

 

ネイティブが使う超簡単な英語【文法は気にしなくていい】

文法を気にせずにペラペラ英語を話すポイントはこの2つです。

語尾を上げるだけの疑問文を使う
英文を省略する

 

学校の教科書には絶対載っていない間違った英語ですが、僕が海外で出会った外国人はよく使っていたし、ネイティブスピーカーも使います。

具体的に説明していきます。

 

語尾を上げるだけの疑問文を使う

例えば、

You like soccer.(あなたはサッカーが好き。)

の正しい疑問文は

Do you like soccer?

だけど、

You like soccer(⤴)?

というふうに語尾を上げるだけで、「あなたはサッカーが好きですか?」という疑問文になります。

 

普段の英会話では、このような語尾を上げるだけの疑問文をよく使います。

英会話中に瞬時に疑問文が思い浮かばないときは、この方法で疑問文を作れば簡単にできます。

 

語尾を上げるだけの疑問文8フレーズ

Do you like sushi? → You like sushi?
寿司は好き?

Do you cook curry? → You cook curry?
カレー作るの?

Do you want it? → You want it?
欲しい?

Do you want me to pick you up? → You want me to pick you up?
迎えに行こうか?

Are you an English teacher? → You are an English teacher?
英語の先生なの?

Can you play the guitar? → You can play the guitar?
ギター弾けるの?

Have you eaten? → You have eaten?
食べた?

Will you go? → You will go?
行くの?

 

英文を省略する

日本語で「あなたはどうですか?」と言わずに「あなたは?」「どう?」と略して話すように、海外では英文を省略して話すことがよくあります。

例えば、

Can I eat this one?
これ食べていい?

Can I drink it?
それ飲んでいい?

などの英文を省略して

Can I?

と言ったり、

 

How about you?/What about you?
あなたはどうですか?

という英文を、

You?

と、かなり簡単な英語に略す事もできます。

もちろんこれは正しい英語ではないけど、海外ドラマでも使われる言い回しで、ネイティブは当たり前のように使う英語です。

 

省略した英文6フレーズ

Do you wanna eat curry? → Wanna eat?
カレー食べる?

Do you play tennis? → You play?
テニスするの?

Did you swim? → Did you?
泳いだの?

Have you done? → Done?
終わった?

Shall we go? → Shall we?
行きましょうか?

Why did you choose me? → Why me?
なんで私を選んだの?

 

英語試験を受けるなら、「ネイティブが使う簡単な英会話方法」はおすすめしない

・語尾を上げるだけで疑問文を作る
・英語を省略する

これらは実際の英会話でよく使われますが、正しい英語ではありません。

だから、単純に英会話をしたい人にはおすすめしますが、TOEICやIELTSなどの英語の試験を受ける方は使わない方が良いです。

砕けた英会話に慣れてしまうと、試験でも間違った英語を使って点数が下がる可能性があるので。

英語の試験を受けるなら、試験対策をしている英語スクールで学ぶのがおすすめです。

オンライン英会話でも試験対策をしている所があり、イングリッシュベルならTOEICクラスとIELTSクラスがあります。

無料体験も受けられるので、試験を受けるなら無料体験をしておいた方が良いです。



無料で試験対策のオンライン英会話体験をする

 

まとめ【すぐに英語が話せるようになるので、今すぐ実践しよう】

英語初心者がスムーズに英語を話せない原因

・正しい文法や英単語を知らない
・頭の中で英文を作るのに時間がかかる

 

文法を気にせずにペラペラ英語を話す方法

・語尾を上げるだけの疑問文を使う
・英文を省略する

 

TOEICやIELTSなどの英語の試験を受けるなら使わない方が良い

 

今回は、ネイティブが使う超簡単な英会話を紹介しました。

特に、英語を始めたばかりの人には参考にしていただければと思います。

今回紹介した英会話方法を使えばすぐに英語が話せるので、実際に外国人と英会話してみるのもおすすめです。

オンライン英会話なら無料体験ができるし、英語初心者に合わせたレッスンも受けられます。

無料体験あり!英語オタクがおすすめのオンライン英会話16社を比較

たくさんある英語学習法の中で最も効果が出るのは英会話です。なぜなら、英会話が最も実践的で効率が良いからです。この記事では、英語オタクの僕がおすすめするオンライン英会話16社を比較します。全て無料体験ができるので、これから英語学習を始める方もリスク無しで学べます。

続きを見る

 

 

-英語初心者向け

© 2021 ひつじEnglish