ワーホリ

【オーストラリアワーホリの仕事】インターンを使わず離島で働く方法

2019-10-06

【オーストラリアワーホリの仕事】インターンを使わず離島で働く方法

オーストラリアのワーホリで、有給インターンシップを利用すれば、離島のホテルの仕事などを紹介してもらえます。

インターンで紹介してもらえる仕事は、時給が高くてお金は稼げるのですが、紹介料として500ドルほどお金を払う必要があります。

そこで今回は、有給インターンシップを利用しなくても、時給が高い離島の仕事を見つけられる方法を紹介します。

その離島は、ハミルトン島です。

 

有給インターンシップを利用しなくても仕事が見つけられるハミルトン島はどんな島?

ハミルトン島はグレートバリアリーフの中央にあり、ハート型のサンゴ礁「ハートリーフ」や世界で最も美しいホワイトヘブンビーチにも近い島です。

ハミルトン島ではダイビングで海ガメに出会えたり、カンガルーが道路を横切ったり、コアラを抱っこして記念撮影することもできます。

そのように観光スポットがたくさんあるハミルトン島は、世界一ホテルの予約が取れない島とも言われています。

 

なぜハミルトン島の仕事がおすすめなのか

オーストラリアの離島で仕事を見つけるのはそれほど難しくありません。

なぜなら、離島には人が住んでいないから。つまり働き手がいないのです。

 

中国人の友達はハミルトン島にあるホテルの求人にメールでレジュメを送り、少し電話で会話しただけで採用が決まったそうです。

それからその友達は6ヶ月間ハミルトン島で働いていました。全くお金を使う場所が無いので、かなり貯金できるそうです。

 

メールを送っただけでエアーズロックのホテルの仕事が決まった

離島ではないけど、僕はエアーズロック(ウルル)の近くにあるホテルのクリーナージョブをゲットした事があります(既に他の仕事が決まっていたので断った)。

クリーナーの経験はなかったのに、メールのやり取りを数回しただけで仕事が決まりました。

ウルルから一番近い街のアリススプリングスは車で約2時間かかるので、ウルル周辺には人がいなくて働き手が足りないのだと思います。

 

オーストラリアのワーホリで離島で働くメリットとデメリット

離島で働くメリット

日本人がいない(英語環境)

「本格的に英語を学びたい」
「海外にいるのに周りが日本人ばかりで嫌だ」

という人にとっては、離島はおすすめです。

オーストラリア人だけでなくいろんな国籍の人が集まるので、英語はかなり上達します。

 

給料が高い(国が定める最低時給以上)

シドニーやゴールドコーストのジャパレスだと、時給10~13ドルくらいの所が多いけど、離島の仕事はローカルジョブなので給料が高いです。

働く場所や職種にもよるけど、平均で時給19~24ドルくらいです。

 

離島で働くデメリット

遊ぶ所がない

島には観光スポットがあるけど、ショッピングモールや娯楽施設はないので、離島で働いた経験のある人はみんな口を揃えて「暇だ」と言います。

離島の仕事が嫌になって辞める一番の原因はこれです。

暇つぶしができるのはホテルのジムやプール、お土産屋、レストラン、バーのみ。

だから、英語学習教材や本など暇つぶしができるものを持って行く方が良いです。

 

電波が弱い所もある

場所にもよりますが、離島なのでネット環境が良くない場合があります。

ホテルにはWiFiがあるけど、部屋ではWiFiが弱くて使えないという事もあります。

 

ハミルトン島にはどんな仕事があるの?

ハミルトン島で募集している求人の多くはホテルのスタッフで、職種は以下の通りです。

・調理師として働いた経験があるならシェフ

・英語が話せるならフロント

・何も経験が無いならキッチンハンド(皿洗い、調理補助)、またはクリーナー

ホテルスタッフの他には、日本人観光客向けの日本語デスクの仕事もあります。

 

インターンを利用せずにハミルトン島で仕事を見つける方法

有給インターンシップを利用せずにハミルトン島で仕事を見つける方法は、ネット検索です。

離島の求人は日豪プレスやGumtreeに載ってる場合もありますが、一番おすすめなのはハミルトン島専用の求人サイトです。

Hamilton Island Jobs

レジュメを作って、メールや電話で応募の連絡をしましょう。

【ワーホリ】レジュメの書き方!英語が話せなくてもペラペラと書く

ワーホリの仕事探しで必要なレジュメの書き方がわからなくて困っていませんか?この記事では、レジュメの基本的な書き方や、仕事がゲットしやすくなるレジュメのコツなどを解説しています。これを参考にすれば簡単にレジュメが作れるので、いつでも仕事探しができるようにレジュメを作っておきましょう。

続きを見る

 

ハミルトン島で仕事をするための英語力はどれくらい必要?

ハミルトン島で働くのは、周りに日本人がいないので英語の勉強になります。スタッフと会話をしているだけでかなり英語力が伸びるでしょう。

でも、全く話せないまま日本人が一人もいない所に行くと、うまくコミュニケーションが取れないので仕事を覚えるのにも時間がかかるし、何かトラブルがあったときにも対処ができません。

だから、「離島で働いたけど英語が話せなくて友達ができなかった・・・」という人にも会ったことがあります。

そうならないためにも、ハミルトン島で働く場合は最低でも日常英会話レベルは話せるようにしておきましょう。

ワーホリで英語ができないのは恥ずかしい!まだ間に合う英語学習法

ワーホリで海外生活をしているのに、「英語が伸びない…」と悩んでいませんか?その悩みを解決するために、海外生活ととても相性がいい英語学習アプリを紹介します。英語学習を始めるなら1日でも早い方が良いし、無料で始められるので、今すぐ学習を始めて理想のワーホリ生活を送りましょう。

続きを見る

 

まとめ

ハミルトン島は有給インターンシップを利用しなくても仕事が見つけられる

メリット
英語環境、給料が高い

デメリット
遊ぶ所が無い、電波が弱い所がある

シェフ、フロント、クリーナー、日本語デスクなどの仕事がある

ハミルトン島専用の求人サイト Hamilton Island Jobs

【ワーホリ】レジュメの書き方!英語が話せなくてもペラペラと書く

ワーホリの仕事探しで必要なレジュメの書き方がわからなくて困っていませんか?この記事では、レジュメの基本的な書き方や、仕事がゲットしやすくなるレジュメのコツなどを解説しています。これを参考にすれば簡単にレジュメが作れるので、いつでも仕事探しができるようにレジュメを作っておきましょう。

続きを見る

最低でも日常英会話レベルは必要

ワーホリで英語ができないのは恥ずかしい!まだ間に合う英語学習法

ワーホリで海外生活をしているのに、「英語が伸びない…」と悩んでいませんか?その悩みを解決するために、海外生活ととても相性がいい英語学習アプリを紹介します。英語学習を始めるなら1日でも早い方が良いし、無料で始められるので、今すぐ学習を始めて理想のワーホリ生活を送りましょう。

続きを見る

 

 

-ワーホリ

© 2022 ひつじEnglish