フリーランス

【コロナで世界一周できない人へ】簡単に稼げるライティングをしよう

2020-08-08

【コロナで世界一周できない人へ】今は旅中にお金を稼ぐ簡単なライティング能力を身に付けよう

 

ひつじ
世界一周する予定だったのにコロナで延期になった…
かえる
じゃあ今の内に旅中にお金を稼ぐ能力を身に付ければいいじゃん!

 

海外旅行中にお金を稼ぐ方法は、ブログアフィリエイト、ライティング、プログラミング、Youtubeなどネットでできる仕事がメインで、その中でもライティングがお勧めです。

 

海外移住をするならプログラミング、世界一周をするならライティングがお金を稼ぐのにお勧めの理由

海外移住をするならプログラミング、世界一周をするならライティングがお金を稼ぐのにお勧めの理由

以前、「海外移住をするならプログラミングがお勧め」という内容の記事を書きました。

理由はプログラミングがアフィリエイトやライティング、Youtubeよりも安定して稼げるからです。

海外移住を諦める理由【ビザ・お金・仕事】を解決する一番簡単な方法

「海外移住したいけど、ビザとお金と仕事はどうしよう…」と悩んでいませんか?この記事では、その悩みを全て解決して海外移住する方法をお伝えします。「大金を稼げ!」「インフルエンサーになれ!」みたいな方法ではなく、現実的な移住の方法を教えます。

続きを見る

 

ですが、プログラミングで稼げるようになるまで最低でも6ヶ月はかかり、勉強が難しくて挫折してしまう人が多いので、世界一周など海外旅行中にお金を稼ぐならライティングをお勧めします。

 

【超簡単!】誰でもできるライティングの始め方

ライティングは単価が低いのでプログラミングみたいに1案件で10万円以上稼いだりすることはできませんが、勉強はほぼ0ですぐに始めることができます。

特に普段からブログを書いてる人にとってはライティングは難しくありません。

実際に記事を書くときは少しルールがあるけど、書き方を教えてもらえるので初心者でも大丈夫です。

 

旅人が世界一周中にライティングでお金を稼ぐメリット

旅人が世界一周中にライティングでお金を稼ぐメリット

海外旅行の記事を書くライティング案件はクラウドソーシングサイトのランサーズかクラウドワークスにたくさんあり、結構簡単に仕事が取れます。

また、旅とライティングは相性が良くて、特に世界一周のような長期旅には最適です。その理由を説明していきます。

 

世界一周のような数ヶ月~1年以上かかる長期旅行は暇な時間がたくさんできる

僕も世界一周をしていたので経験がありますが、長期間ずっと旅を続けていると暇な時間がたくさんできます。

なぜなら、毎日観光スポットばかり行っても疲れるしお金がかかるから、ゲストハウスでぼーっとしたり、当てもなくふらふら街をあるいたりするからです。

東南アジアの安宿には沈没系バックパッカーが長期滞在している事がありますが、全員暇人です。

だから、正直に言えば世界一周は途中で飽きてしまうのですが、暇な時間に仕事(ライティング)をしていれば飽きることはなく、旅もさらに充実して楽しくなります。

 

ライティングでお金の不安が解消される

僕がライティングで海外旅行の記事を書く案件を受注したときは、旅行メディアのTrip-Partnerで海外旅行系の案件で1記事(4000文字)で4000円でした。

日本で生活してるとバイトした方が手っ取り早くお金を稼げるのでライティングをずっと続ける人はあまりいません。

ですが、多くの人は「頑張ってお金を貯めて節約しながら世界一周をする」というスタイルで、旅中は基本的に収入が無いので4000円でもかなりありがたいです。

暇な時間に記事を書いていれば月に5~10記事は書けて、数万円の収入になるのでお金の不安も解消されます。

 

旅人が世界一周中にライティングでお金を稼ぐ具体的な方法

旅人が世界一周中にライティングでお金を稼ぐ具体的な方法

クラウドソーシングサイトのランサーズクラウドワークス、またはココナラで海外旅行の記事を書くライティング案件に応募しましょう。

 

ここでひとつポイントなのは、旅行記事は「自分が書きたい記事」ではなく「クライアントが指定した記事」を書くということです。

クライアントが「書いてほしい記事リスト」を持っていて、そのリストに載っている記事以外は書くことができません。

例えばオーストラリアでワーホリをしてオーストラリアの情報をたくさん持っていたとしても、クライアントがオーストラリアの記事が必要なければ書けないんです。

なので、海外旅行記事を書くライティング案件があればすべて応募して、あなたがクライアントを選べる状態(どんな記事でも書ける状態)を作っておきましょう。

 

世界一周の写真をたくさん撮ることが重要

海外旅行記事のライティング案件には「旅中に撮影した写真を1記事につき10枚載せてください」という条件があったりします。

僕は世界一周中にバルセロナ空港でバッグを盗まれて、写真のデータが入ったパソコンとGoProが無くなったので写真がほとんど無く、「記事は書けるのに写真が無い」という状態になり、結局1記事しか納品できませんでした。

だから、写真に興味がなくても、記事に載せるための写真が必要なのでたくさん写真を撮っておきましょう。

 

まとめ【ライティングでお金を稼ぐと世界一周がさらに充実する】

ライティングでお金を稼ぐと世界一周がさらに充実する

世界一周中にお金を稼ぐならライティングがお勧め

勉強しなくても誰でもできる
世界一周のような長期旅では暇な時間がたくさんある
暇な時間に仕事(ライティング)をすると旅がさらに充実する
旅中に収入が得られるとお金の不安が解消される

 

世界一周をする予定だったのにコロナで延期になってしまった人はたくさんいるはずです。でも、これを逆にチャンスと考えて、自由に海外旅行ができないコロナ期間で旅中にお金を稼ぐスキルを身に付けましょう。

 

-フリーランス

© 2022 ひつじEnglish