フリーランス

LPで商品が売れる時代は終わったから今すぐブログで情報発信しよう

2020-08-05

LPサイトで商品が売れる時代は終わったから今すぐブログを書いて情報発信しよう

 

ひつじ
LP(ランディングページ)を作って売り上げを伸ばしたいなあ
ライオン
LPで商品が売れる時代は終わったから、ブログサイトを作る方が良いよ

 

商品の売り上げを伸ばしたり顧客を集めるためにこれまではLP(ランディングページ)が効果的でしたが、現代はLPだけでは商品は売れません。

今の時代に最適なwebマーケティングはブログサイトとYoutubeです。

 

LPサイトで商品が売れなくなった理由はあやしいから

現代はLPだけでは商品は売れず、むしろ逆効果のLPもあります。

 

LPで商品が爆発的にが売れたのは12年以上前の2008年頃で、

「1日10分の労働で月収3000万円の不労所得を手に入れる方法を知りたくありませんか…?」

みたいな詐欺師丸出しの文章を書いたLPで商品がめちゃくちゃ売れてましたが、今の時代にそんなLPを作っても売れるはずがありません。

「怪しい」「気持ち悪い」と思われてすぐにページを閉じられてしまいます。

なぜかというと、現代(スマホ登場以降)は以前よりもネットを見る機会が大幅に増えて、たくさんの広告を見ているので「また宣伝か」と思ってしまうからです。

Youtubeを見ていると途中で広告が入るけど、広告を熱心に見る人はいないのと同じで、必死に商品を売ろうとする広告(LP)はほとんど見られていないんです。

 

知らない人のLPサイトよりも信用がある人のブログサイトの方が商品は売れる

現代ではどのような商品が売れるのかというと、信用されている人が売っている商品です。

 

1日10分の労働で月収3000万円の不労所得を手に入れる方法を知りたくありませんか…?

という文章を怪しいと思ってしまう原因は、「そもそもあんた誰?」と思うからです。

 

本当に1日10分の労働で月収3000万円を稼いでいる人がいて、そのことをみんなが知っているなら、「1日10分の労働で月収3000万円の不労所得を手に入れる方法を知りたくありませんか?」という文章が怪しくなりません。

マナブログのマナブさんが「プログラミングで月収100万円稼ぐ方法を教えます」と言っても怪しくないし、

キングコング西野亮廣が「オンラインサロンで会員を1000人増やす方法を教えます」と言っても怪しくないし、

本田圭佑が「プロサッカー選手になる方法を教えます」と言っても怪しくありません。

これはつまり信用があるからで、信用があればわざわざLPを作らなくてもブログで告知すれば商品は売れます。

 

今の時代で商品を売るために必要なのはLPサイトではなくブログサイトかYoutubeの情報発信

 

誰にも知られていない人がLPを作ってもなかなか商品は売れないので、商品を売るために信用を得る必要があります。

そのためにしなければいけないのが、ブログやYoutubeを使ってコツコツと情報発信を続けることです。

 

西野亮廣エンタメ研究所のLPは普通なのに会員数は国内最大の理由

例えば、僕もサロンメンバーになっている会員数国内最大のオンラインサロン、西野亮廣エンタメ研究所のLPは普通です。

https://salon.jp/nishino

 

見てもらうとわかりますが、オンラインサロンの説明をしているだけで「絶対に稼げます!」みたいな怪しい勧誘は一切していません。

ではなぜオンラインサロンの会員数が国内最大(現在6万9千人)にまで増えているのかというと、情報発信に力を入れているからです。

西野さんは今はほとんどテレビに出ていませんが、毎日ブログを書き、毎日voicyで音声配信をして(Youtubeにもvoicyの音声を載せている)、インスタで絵本の無料公開をしています。

このように誰でも無料で観覧できるSNSでコツコツと情報発信をして信用を得ているからこそ、オンラインサロンの会員数が国内最大で今も増え続けているのです。

 

Twitterで商品は届けられない

情報発信ならTwitterでいいじゃないかと思うかもしれませんが、Twitterで商品を届けることはできません。

その理由がこれです。

・匿名で登録している人ばかり
・誹謗中傷が多すぎる
・140文字以内で商品を売ろうとすると怪しい宣伝になりがち

つまり、商品を売る環境が整っていないんです。

ブログやYoutubeで情報発信している人がTwitterを使うのはいいですが、Twitterだけの情報発信で信用を得るのは現代では不可能です。

 

今すぐ売れるLPサイトは存在しないので1年後に確実に売れるブログサイトを作る

自分のことが誰にも知られていない状況でLPを作っても商品は売れません。

それよりも、数ヶ月~1年以上かけてブログやYoutubeでコツコツ情報発信して信用を貯める方が確実に商品が売れるようになります。

大切なのは、目先の利益を追わないこと。

 

マナブさんやマコなり社長などインフルエンサーって呼ばれてる人たちがいるけど、彼らはみんな初めからフォロワーが多いわけではありません。

SNSでコツコツ情報発信してフォロワーが増えてインフルエンサーになり、商品を届けれられる環境を自ら作り出したんです。

そのように、まずは1人でもいいから自分のことを信用してもらって商品を届けられる環境を作るように、ブログサイトを作って情報発信していきましょう。

 

まとめ【商品を売りたいなら今すぐブログサイトを作って情報発信を始めよう】

LPで商品が売れる時代は終わった
商品を売るために必要なのは信用
そのためにブログやYoutubeでコツコツ情報発信することが大切
Twitterでは信用を得ることができない
今すぐブログで情報発信を始めよう

 

LPだけ作って一発逆転を狙おうとするのは楽をして商品を売ろうとするのと同じです。

当然そんなもので商品は売れないので、目先の利益を追わずにコツコツと情報発信をして1年後に商品が売れるように信用を得ることが大切です。

そのために、今すぐブログを作って情報発信を始めましょう。

 

-フリーランス

© 2022 ひつじEnglish