ワーホリ

オーストラリアのワーホリ費用は格安【「50万円以上必要」はウソ】

2019-10-18

オーストラリアのワーホリ費用は格安【「50万円以上必要」はウソ】

ひつじ
オーストラリアのワーホリ費用はいくら必要なの?
ライオン
留学エージェントに「50万円以上必要」って言われたけど、本当?

結論:オーストラリアのワーホリに必要な費用は、10万円です。

 

こんにちは、シンヤです。

僕はワーホリでオーストラリアとニュージーランドに滞在していました。

今回は、オーストラリアのワーホリに必要な費用について解説していきます。

 

ワーホリを始めてすぐに仕事をするなら、ワーホリ費用を10万円に抑えられる

ワーホリで現地に行ってからすぐに語学学校に通うなら、家賃(レント代)や食費、学費もかかるし、学校に通っていればバイトをする時間もあまりないので、30~40万円は必要です。

でも、語学学校に通わず、すぐに仕事をするのなら10万円あれば充分です。

僕がワーホリでオーストラリアに行ったときは10万円しか持ってなかったけど、問題なく生活できました。

友達の中には、ワーホリ2日目で千円しか持ってない人もいました。

 

「どうしても現地で語学学校に通いたい」という場合でも、初めに働いて、お金を貯めてから語学学校に通う事ができるので、日本で無理してお金を貯める必要はありません。

現地で働けば外国人の友達ができるので、英語の勉強にもなります。

 

オーストラリアのワーホリ費用を格安で済ませるためのポイントはファームジョブ

「現地ですぐに仕事をするなら10万円あれば充分」と言ったけど、そのおすすめの仕事はファームジョブです。

理由はこの3つ。

・セカンドビザを取るためにファームジョブをする必要がある
・ファームジョブなら日本を出発する前からメールで仕事を見つけることができる
・ファームがある田舎町は家賃(レント代)が安い

 

セカンドビザを取るためにファームジョブをする必要がある

オーストラリアには1年間ワーホリビザを延長できるセカンドビザ制度があり、そのセカンドビザを取るためにはファームで88日間働く必要があります。

だからセカンドビザのためにいつかはファームで働くので、最初からファームで働けばいいんです。

ファームによってはかなり稼げるファームもあるので、セカンドビザの日数に必要な3ヶ月間働けば語学学校の学費くらいなら余裕で貯まります。

実際に僕はニュージーランドのチェリーファームで1週間に11 万円稼いだことがあります。

オーストラリアのワーホリ2日目で千円しか持ってなかった友達は、ブロッコリーファームで働いて1ヵ月後には4000ドル(約30万円)貯めてました。

【ニュージーランドワーホリ】断トツで稼げる仕事はチェリーファーム

ニュージーランドワーホリで一番稼げる仕事は、チェリーファームのピッキングです。仕事ができるシーズンの約2か月間で、65万円以上稼ぐことができます。この記事では、チェリーファームの場所、時期、仕事を見つける方法などをお伝えします。

続きを見る

【貯金ができる】オーストラリア生活2年の僕のおすすめファーム5選

オーストラリアのおすすめファームを知りたいと思いませんか?この記事では、オーストラリアにワーホリで2年間滞在してたくさんファーム仕事をした僕が、お金が貯まるおすすめファーム5選と仕事の見つけ方を紹介します。時期によって働けるファームが違うので、あなたが働きたい時期にどのようなファームがあるか確かめておきましょう。

続きを見る

 

ファームジョブなら日本を出発する前からメールで仕事を見つけることができる

「ワーホリですぐに仕事が見つかるかわからないから不安」と思う人はたくさんいますが、ファームジョブなら日本を出発する前から仕事を見つけることができます。

なぜなら、カフェやレストランなどのシティジョブと違い、ほとんどのファームは面接を受けなくても仕事をゲットできるから。

また、ネットで仕事探しをするなら現地でやるのも日本でやるのも同じなので、それなら日本を出発する前からするべきです。

日本を出発する前から余裕を持って仕事探しをすれば良いファームジョブを見つけられます。

まとめ【お金が無くても世界一周をする方法はたくさんある】
ワーホリ準備!オーストラリア渡航前にファーム仕事をゲットする方法

「ワーホリでオーストラリアに行って、ファームの仕事が見つからなかったらどうしよう…」という悩みはありませんか?この記事では、ワーホリ前に日本からファームを見つける方法を紹介します。メールを送るだけで仕事が見つけられるので、今すぐ探してみましょう。

続きを見る

 

ファームがある田舎町は家賃(レント代)が安い

ファームジョブがたくさんある町は、シドニーやメルボルンなどの都会からは離れていることが多く、田舎なので家賃(レント代)がかなり安いです。

例えばシドニーの街中だと、4人部屋で1週間に160ドル(1万2千円)、1人部屋は200ドル(1万5千円)が一般的です。

それに比べてファームがある田舎町は安く、例えば僕がファームジョブをしていたクイーンズランド州のガトンという街は1週間100ドル(7500円)で1人部屋に住めます。

 

ワーホリ費用を格安にするために気を付けるべきファーム選び

オーストラリアには稼げるファームがたくさんあるけど、逆に給料がかなり低かったり、酷い場合は給料未払いの違法ファームもあります。

「仕事がある」と言われて現地に行ったのに、仕事がもらえないという場合もあります。

また、現地で仕事探しをしていてなかなか仕事が見つからない場合は、どんどんお金が減ってしまうから焦ってしまいます。

そうなると「仕事が見つかれば何でもいい」と思ってしまい、給料が低いジャパレスや違法ファームで働くことになってしまいます。

稼げるファームジョブがたくさんある中で、そういうブラックな環境で働くと絶対に後悔するので、日本を出発する前から余裕を持って仕事探しをするのはかなりおすすめです。

僕が初めてオーストラリアに行ったときは、ファームを全く調べずに適当に選んだのが違法ファームだったので、「時給4ドルで働く」という酷い目に遭いました。

そのような違法ファームに騙されると、ワーホリ資金が10万円あっても無くなってしまう可能性があるので気を付けましょう。

 

なぜオーストラリアワーホリに必要な費用が10万円なのか【格安で抑える方法】

ワーホリビザでオーストラリアやニュージーランドに渡航してからすぐにファームジョブを始めるとした場合に、1週間で必要になる費用の内訳を説明します。

ちなみに、オーストラリアやニュージーランドの給料は週払いなので、働いてから1週間後には給料が貰えるものとして考えています。

※オーストラリアドル(AU$)で計算しています。

 

・空港からファームがある街までの移動費 50~350ドル(3700~25600円)

オーストラリアは広いので空港からファームまで距離が離れている事もありますが、バスや飛行機で移動しても高くて350ドルくらいです。

 

・1週間分のレント代 80~130ドル(5800~9500円)

シェアハウスに入居するときに必要な1週間分のレント代です。

 

・ボンド(保証金) 80~130ドル(5800~9500円)

シェアハウスやキャラバンパークに入居するときにレント代とは別にボンド(保証金)を払います。金額は1週間分のレント代と同じ。退去するときに返してもらえます。ボンドが必要無い所もあります。

 

・食費(1週間分) 30~50ドル(2200~3700円)

オーストラリアやニュージーランドで外食をするとお金がかかりますが、スーパーマーケットで食材を買って自炊すれば、かなり安くすませることができます。

 

・スマホ通信費(1ヶ月分) 25~35ドル(1800~2500円)

スマホや携帯電話をオーストラリアやニュージーランドで使えるようにするためのSIMカードの契約は、プランにもよりますが月額約25~35ドルです。

 

以上がワーホリを始めて1週間で必要なお金の内訳です。

全て足して計算すると、少ない場合で265ドル(19300円)、多い場合だと695ドル(50800円)。

この他にもお金を使うことがあると思うけど、ざっくり計算しても一週間後に給料をもらう事を考えれば10万円あれば余裕なので、ワーホリに必要な資金は10万円とお伝えしています。

 

海外旅行保険に入りたい場合のお金はどうする?

海外旅行保険に入りたいと考える人もたくさんいて、「料金が高いから、どうしよう…」と悩む人も多いです。

確かに、日本で海外旅行保険に加入すれば高いけど、現地で保険に加入すればかなり安く済ませることができます。

僕は旅行保険には入りませんでしたが、無料で海外旅行保険手当てが受けられるようにしていました。

オーストラリアワーホリ必見!格安の海外旅行保険【無料もあります】

「ワーホリに行く前に海外旅行保険に入りたいけど、料金が高い…」と悩んでいませんか?確かに、日本で海外旅行保険に加入するとお金がかかりますが、現地で格安の保険に加入する方法や、無料で海外旅行保険サービスを受ける方法もあります。海外に行く前に、無料保険サービスを受けられるようにしておきましょう。

続きを見る

 

ワーホリ前に英語学習をしておくとさらに費用を格安にできる

ワーホリに行く前にするべき事はとにかく英語の勉強です。

なぜなら、英語が全く話せないままワーホリに行くと次のような失敗をしてしまうからです。

・時給が低い日本食レストラン以外の仕事が見つからない
・外国人の友達ができず海外でも日本人と過ごしてしまう
・海外の語学学校は英語で授業をするので、先生の説明が理解できず英語が上達しない

 

逆に、英語学習をしておくと次のようなプラスの事が生まれます。

・英語が話せると給料の高いローカルジョブができる
・語学学校で学ぶ内容の理解度が何倍にも増す

 

なので、ワーホリ前に英語学習をしておくとさらに費用を格安にできるということです。

【ワーホリで失敗しない英語学習法】海外留学前にやるべき3つの勉強

英語学習を全くせずにワーホリをして、失敗する人が多いのを知っていますか?そうならないためにも、この記事ではワーホリの失敗談と、ワーホリや海外留学前にするべき英語学習法の3ステップを紹介しています。今すぐ英語学習を始めて、ワーホリで失敗しないようにしましょう。

続きを見る

 

まとめ【オーストラリアのワーホリ費用は格安なので今すぐ行動しよう】

現地ですぐに仕事をするなら10万円あれば充分

語学学校に通う場合は現地でお金を貯めてから通えばいい

初めの仕事はファームジョブをするべき。その3つの理由はこれ
・セカンドビザを取るためにファームジョブをする必要がある
・ファームジョブなら日本を出発する前からメールで仕事を見つけることができる
・ファームがある田舎町は家賃(レント代)が安い

留学エージェントは使わない方がいい。どうしても使いたい場合は無料エージェントに頼めばいい

ワーホリ前に英語学習をしておくとさらに費用を安く抑えられる

英語が全く話せないままワーホリに行くとこのような失敗をする
・時給が低い日本食レストラン以外の仕事が見つからない
・外国人の友達ができず海外でも日本人と過ごしてしまう
・海外の語学学校は英語で授業をするので、先生の説明が理解できず英語が上達しない

 

僕はブログやTwitterを通してワーホリの相談を受けることがあり、その中には、

「ワーホリに行くために1年間お金を貯めて準備します!」

と話す人がいるけど、僕はワーホリのために1年間準備するのは時間がもったいないと思います。

ワーホリは行きたいときにすぐに行くべきです。

 

実際にワーホリに行った人はほぼ全員が「もっと早く行けば良かった」って言ってます。

なぜなら、オーストラリアのワーホリが楽しかったらニュージーランドもカナダも行きたいって思うからです。イギリスやアイルランドにも行きたいって思います。

でも、ワーホリには30歳までという年齢制限があります(アイルランドワーホリの制限は25歳)。

 

なので、あなたの未来の選択肢を増やすためにも、今すぐ行動するのはとても大切です。

10万円くらいなら日本で働いていれば1ヶ月で稼ぐことができるので、本気でワーホリで海外に行きたいと思ってるなら、すぐに航空券を買って日本を出発する準備をしましょう。

そして、ワーホリで英語が話せるようになって外国人の友達をたくさん作り、楽しい海外生活を過ごしてください。

 

-ワーホリ

© 2022 ひつじEnglish